育毛イメージ

俺の育毛体験談

先に言わせてもらうと、いまは髪がかなりあり禿と思われることはないと思います。
年齢は16歳で性別は男です。
そして育毛剤などは使っていませんでした。
ここから先は体験談です。
まず、自分が禿ではないかと思ったのは15歳の時でした。
その時は見た目は禿ではないのですが、抜け毛が多かったので禿だと思いました。
親は若いうちはいっぱい抜けていっぱい生えてくると言っているのですが、短い髪にすると目立ってしまいます。
学校では特に禿とか言われたことはないので、あまり気にすることはなかったはずなのですが、自分ではとても気にしていました。
なぜかというと当たり前ですが、禿というものはかっこわるいものなので嫌でした。
また、禿げていると周りから禿げていると思われているような気がします。
そして16歳になった時15歳の時よりさらに禿げていました。
その時も髪を短くしたときに気付いたのですが、とてもショックで髪を切らなければよかったと後悔しました。
その時に育毛剤でも買おうと思ったのですが、高校生が育毛剤なんて買っているのを見られたらとても恥ずかしいので買えませんでした。
ネットで通販も親に止められていたし、親に買わせるっていうのも親がかわいそうだと思いました。
しかし親は両親とも全く禿げていません。
それどころか、親戚や祖父母も禿げていなくて真っ黒な髪です。
よく髪の毛は遺伝によるものであるということを聞くが、俺の場合はそれは全く無関係だった。
少し今まではネガティブなことかもしれないが、こんなことが本当に起こったのだ。
その禿げがストレスを作り、ストレスが禿を作っていた。
悪循環だ。
髪がはえている奴や、髪の毛をすかしている奴を見るとなぜかイライラしてしまった。
俺は本当のバカだ。
しかしそんな俺にもいいこともあった。
それは6月の湿気の多い時期だ。
その時は乾燥した日みたいに頭をかいただけでフケなどと一緒に落ちてくる髪が少なくなった。
禿げて少なくなったのではなく普通に少なくなってきた。
しかし湿気の多い時期が終わるとまた元通りになった。
そんなことの繰り返しはもうさせたくない。
俺はこの禿げの連鎖を消してやろうと思った。
まずは原因を考えた。
最初は頭が汚いのだと思った。
1日に2回洗った日もあったがそれは逆効果だった。
ある日床屋に行った。
その時の髪の洗い方が気持ちよかった。
そのまねを自分の家でやってみた。
しばらく続けるとフケもおさまり抜け毛も少なくなった。
その時俺は思った。
禿は遺伝やストレスなんかじゃない。
育毛剤も必要ない。
洗い方で変わるものなのだ。

Copyright(C) 2010 頭皮の健康.com All Rights Reserved.